骨盤ダイエット 産後

産後は特に要注意

骨盤矯正は、産後のダイエットとしてもよく聞かれるかと思います。
しかし、産後の場合は、普通の骨盤矯正とは異なる骨盤矯正なのです。

産後の身体はとてもデリケートですから、
一般的に行われる骨盤矯正は少し過激な矯正になってしまいます。
産後の骨盤矯正について、もっと詳しく説明していきましょう。

産後、骨盤周辺の筋肉は産道を確保するため、緩んでしまっています。
骨盤が不安定になっていて、通常の状態ではないという事です。
そのような時期に骨盤を無理に矯正するのは、完全に悪影響。
骨盤を傷めてしまい、骨盤の状態はますますひどくなってしまいます。

また、骨盤の筋肉だけではなく、腹筋にも影響が及んでいます。
産後の腹筋は左右に大きく広がっているため、
腹筋を上手く使う事ができないのです。

産後の骨盤矯正はこのような骨盤の緩みや腹筋の状態を
通常の状態に戻す事を目的としています。
妊娠中に変化してしまった身体の重心の位置を整えたり、
身体に蓄えられた妊娠脂肪などの消費を促したりする事も
産後における骨盤矯正ならではの方法です。
妊娠脂肪を授乳で上手く消費する事でダイエットにもつながります。
なので、普通の骨盤矯正とは異なる方法で行われるのです。

もし産後に、産後の骨盤矯正ではなく、
普通の骨盤矯正を受けようとしていたら、すぐにやめましょう。
また、産後も骨盤矯正だけでダイエットを試みようとせず、
健康な生活習慣から心掛けていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加